愛人クラブで限りある人生をもっと楽しむ

愛人クラブ.com

愛人クラブの選び方と注意点

いよいよ申し込みをしようという段階で、どこの愛人クラブを選ぶべきか迷ってしまうかと思います。

「そもそも、愛人クラブはどこも同じじゃないの?」

と考える男性は多くいます。

ですが、実際のところ、愛人クラブによって会員数も違いますし、入会料金や、サービスの質など様々です。

サービスなのか、入会金なのか、女性会員の多さなのか、女性のレベルの高さなのか。

とにかく入会するにあたり、何を一番気にするかは人によりますが、愛人クラブに入会する一番の目的は、気に入った女性と確実に出会いたいという事ではないでしょうか。

女性側も、自分をサポートしてくれる経済レベルの高い男性と出会いたいと考えています

その為には、確実に理想的な相手と出会えるような愛人クラブに入会しなくては意味がありません。

間違った愛人クラブに入会してしまうと、お金だけが無駄にかさんでしまい、結果として理想的な相手に出会えずに諦めて退会するなんてこともあり得ます。

愛人クラブに入会するには、決して安くない金額が掛かります。

入会してから後悔しないためにも、事前にしっかりと口コミ情報などを確認し、信頼できる愛人クラブなのかを調査する必要があります。

業者の過剰な口コミ情報に注意

まずは、インターネットで口コミサイトなどを調べて、愛人クラブの情報を収集する事が重要です。

ですが、ここでも注意が必要です。

業者側も馬鹿ではありませんので、入会したいと考えている人が、まずは口コミを探す事は把握しています。

業者が用意した口コミは殆どが偽物の情報であったり、誇大広告なので、騙されないようにする必要があります。

口コミサイトで情報を収集する際に注意してほしいのが、業者が自分たちの都合のよいように、自分たちで口コミ情報を自作自演している場合があることを、ちゃんと知っておくことです。

愛人クラブの口コミラインキングサイトなどは、1位に掲載されている愛人クラブが自分たちで運営している場合が多いです。

せっかく良さそうな口コミ情報を信じて入会してみたのに、業者の自作自演で全くの嘘である可能性もあるのです。

しっかり口コミを確認し、怪しい点がないか確認をしましょう。

基本的に、あまりにも過剰な評価の情報などは、信じないようにするなど自衛が必要となります。

明らかに利用者が書いてないようなメリットだけを過剰評価する口コミは怪しいので、話半分にしておくほうが無難です。

残念ながらネット上の口コミには、業者の自作自演があふれているので、信頼できる口コミ情報を見抜く力が必要なのです。

料金が安い愛人クラブは注意

良質な愛人クラブに入会するには、料金体系も注意してみて見る必要があります。

愛人クラブの入会金額はピンキリですが、明らかに他よりも入会金が安すぎるような愛人クラブは、注意が必要です。

安い愛人クラブには、人が多く集まります。

一見それだけを聞くと、「出会いの母数が多いから良いのでは?」と思うかもしれません。

しかしその場合、集まっているユーザーの「質」はあまり良いものとは言えません。

料金が安い交際クラブの多くは、女性は無料、男性も安価な値段で入会できます。

金額が安いから審査は杜撰な場合も多く、女の子もネット審査だけで入会時の面談すら無い可能性が高いです。

このように入会ハードルが低いため、詐欺目的や引き抜きが目的の業者なども、簡単に登録が出来てしまいます。

また、サービスの質も悪く、サポート体制などが整っていない場合もありますので、安いからといってすぐに入会するのはあまりお勧めできません。

登録している会員数に注意

入会しようと思った愛人クラブを見つけたら、次はその会員数に注目しましょう。

会員数が少ない愛飲クラブに入会しても、出会いには繋がりにくいからです。

安い愛人クラブでも、運営実績が短い愛人クラブは入会者が少なかったり、逆に高級愛人クラブの場合は、審査が厳しすぎて登録者があまり多くないなど様々です。

高級愛人クラブの場合は、厳選された出会いが待っているかもしれませんが、出会いの数は限定されるため、それぞれのメリットでメリットなど、登録する際の指標として会員数は重要です。

迷ったらコンセプトで選ぶ

それでもどのような愛人クラブに登録すべきか迷った時は、愛人クラブの経営コンセプトで選ぶのがおすすめです。

愛人クラブにはそれぞれカラーがあり、女子大生に強い愛人クラブや、モデル・芸能人に強い愛人クラブなど、登録女性で差別化を図っている場合があります。

「若い女性と遊びたい」というような目的がしっかりしているのであれば、自分の目的に近いコンセプトの愛人クラブに登録すると、後悔はしないでしょう。

気になる愛人クラブが、どのようなコンセプトで運営をしているのかを確認してみましょう。

ページの先頭へ戻る▲